tbwdkc’s blog

おしゃれなブログタイトルをつけたいと思っているのですが、初期設定のままで考え中です…。

2030年はどんな日本に変わるのか?気になる予言、予測とは?

現在は2015年ですが、今から15年後の2030年はどのような未来になっているんでしょうね。

 

そんな気になる遠い未来というか、そんなに遠くはないかもしれませんが、2030年の暮らしがどのように変わるのかを4月1日放送のNHKあさイチ」で紹介されるそうです。

 

まず2015年以降に日本ではどのような大きなことが起こるかというと、まず5年後の2020年に東京オリンピックがありますよね。

 

そして2027年にはリニアモーターカーが開業します。

 

約時速500キロのリニアモーターカーだと東京ー名古屋間がわずか40分になるとか。

 

 

そして気になる2030年ですが、どのような日本になっているかというと、日本の人口のおよそ3分の1が高齢者になったり、地価の平均が3分の1の都道府県で半分以下になってしまうそうです。

 

子供が少なくて、年配の人が多い社会となると、年金とかどうなっているんだろうかと不安になりますね。

 

きちんと老後のことを考えて貯蓄しておかないと、長生きしてもただ苦しい人生になってしまうような気がします。

 

年をとると病気をしたり、体力的にも衰えてくるので、仕事をして生活費を稼ぐことが難しくなってしまうことを考えると、年金だけでは足りないと生活保護になってしまうのではないでしょうか。

 

ただ、ちょっと興味深いのは、iPS細胞などのバイオテクノロジーが進化することで、健康や美容などでも大きな変化が出てくるようです。

 

女性にとってうれしい話ですと、お肌を若返らせたりするそうなので、アンチエイジングを必死に美容液や化粧水をつけたり、エステに通ったりすることもなくなるんでしょうかね。

また、高齢になっても出産をすることもできるようになるとか。

 

不妊治療などの分野も進んで、きっと子供を産みたい人が産むことのできる世の中になるのかもしれませんね。

 

ただ、そういった技術の進歩はあるかもしれませんが、結果的にお金のある人しか利用できないサービスだったりするのかなと思ったりもします。

 

2030年になると今と仕事の状況とかも違うでしょうから、機械化が進んで人間が今やっている仕事でもロボットがやっていたりするような気がします。

 

2030年問題という言葉も耳にしますが、いったいどんな未来になっているのでしょうか。

 

きちんとした未来予測や謎の占い師による予言など本当に当たるのかどうかはわかりませんが、ネットを見ているといろんな2030年の情報が見つかりますね。


講談社から出版されてる

 

2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」

 

という本があるようなので、ネットの噂よりは参考になる情報があるかもしれませんね。

 

というわけで、どんな2030年になるのか気になる人は4月1日のあさイチをご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

今後も未来予測や予言の情報などをまとめていけたらと思っています。


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

広告を非表示にする