tbwdkc’s blog

おしゃれなブログタイトルをつけたいと思っているのですが、初期設定のままで考え中です…。

しつこい迷惑営業電話が2度とかかってこない断り方ってないかな?

最近、自宅の電話に営業電話がかかってくるんですよね。

 

家にいるであろう夕方の時間帯を狙ってかけてくるんです。

 

夜ごはんを食べているときなら人がいると思ってかけてくるんでしょうね。

 

あの営業電話って出なかったら出なかったで何度もしつこくかけてくるので困ったものです。

 

しつこい営業電話から逃れたいですが、電話に出るまで何度もかけてくるんでしょうね。

 

電話に出てもいいのですが、説明が長くていつも断り方に悩んでしまいます。

 

しつこい営業電話の正しい断り方でもあれば知りたいものです。

 

上手に断って2度とかかってこなければいいのですが、そんな効果的な断り方ってありますかね?

 

これまでやってきた営業電話を断ってきた方法としては、「今時間がないのですみません」的な感じで伝える方法です。

 

これはとりあえずその場はすぐ電話を切ることができるのですが、電話をかけてきた相手からすれば「今忙しいなら、後日かけてみよう」と思ってしまいますよね。

 

だから「いつならお電話してもよろしいですか?」みたいなことを言われてしまいます。

 

なので、忙しいという理由で営業電話を断るのはダメだと思います。

 

次にインターネットのプロバイダーとか光回線の営業電話だと「私ではよくわからないので」と言うパターンもあると思います。

 

特にパソコンや機会に詳しくない女性ならそんな風に答えるケースも多いのかもしれませんが、この場合も「パソコンを普段使っている人は?」みたいな感じで、詳しくなくてもいいから使っている人と話そうとしてきます。

 

営業電話をする方もマニュアルがあるから、相手がどんなことを言っても言い返せるようにしているんでしょうね。

 

そう考えると、マニュアルに載っていないようなことを話せば、もしかしたら自分から諦めて2度と営業電話をかけてこなくなるかもしれませんね。

 

予想の範囲外のことを伝えればいいのだから、たとえば日本人ではないような感じにしてみるとか。

 

電話に出るときは「もしもし」ぐらいにしておいて、相手が要件を伝えてきたら「ハイ」「ワタシハ ニホンゴ ヨクワカラナイ」といった感じで片言の日本語で話してみるとか。

 

がんばって英語で話す方法もあるかもしれませなんが、相手がペラペラと英会話できるレベルだったら困るので、適当な外国語っぽい言語で話してみる方法もアリかも。

 

要は日本語が通じないんだろうなって思わせれば勝ちです。

 

相手が外国人だった場合のマニュアル対応とかもあるのかな?

 

営業電話がかかってきたら今度試してみようと思います。

 

でもそれを見た家族に笑われるのを覚悟しなければなりませんが…。

 


人気ブログランキングへ

 

広告を非表示にする