tbwdkc’s blog

おしゃれなブログタイトルをつけたいと思っているのですが、初期設定のままで考え中です…。

春に頭痛の原因として考えられることは?実は天気が関係しているかも

頭痛で悩んでいる人は少なくないと思いますが、なぜ頭痛になるのか理由を知っていますでしょうか?

 

この春、頭痛でお悩みの方のために、今回は頭痛になる原因について調べてみましたので、頭痛解消の一歩になればと思います。

 

頭痛になる原因として考えられることをまず一覧にしてみます。

 


頭痛の原因を調べてみましたが、頭が痛くなってしまうのは病気だけが原因ではないことがわかります。


特に春は花粉症による頭痛も少なくないと思いますが、季節の変わり目なので急に寒くなり体が冷えたり、新しい職場や学校などストレスが多くなっていることも原因なのかもしれませんね。

 

ただ、天気によって頭痛になるという人もいると思いますが、これは医学的にも本当の話のようです。


アマが降る前日に頭痛になる人というのは、「気象病」が原因かもしれません。


気象病というのは、気象の変化によって症状が出現する病気なんですね。


頭痛のほかにも、ぜんそくや心臓発作なども気象病が原因の場合があるとか。


では、どうやって気象病を防ぐことができるかというと、どうやらツボがあるようです。


具体的にどこのツボが気象病の予防に効果があるのかは、4月18日放送の日本テレビ世界一受けたい授業」を見ることをおすすめします。


名古屋大学 動物実験支援センター 教授の佐藤純先生が、天気予報でわかる気象病の防ぎ方を解説してくれるそうです。


佐藤純先生は、天気と痛みの関係について日本で唯一の天気痛外来を開設した気象病の権威で、番組では最新研究でわかった気象病のメカニズムやツボ改善法などを教えてくれるみたいです。


佐藤純先生について調べたところ、以前にNHKためしてガッテン」に出演したときには、天気痛について解説されていたようです。


もし春に頭痛で悩んでいるなら、気象病が原因かもしれないので、番組を見てツボを押して対策してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

そういえば、その次の週の4月25日の世界一受けたい授業では、スーパー和食やドーパミンがテーマで、都築毅先生や中野信子先生が解説するようですね。

 

1975年の食事が、がん予防の効果に期待できるようで、糖尿病のリスクも低いそうです。

 

どんな食材をどのように料理して食べればいいんでしょうね。

 

また、脳の快楽物質であるドーパミンが出ると、血行が良くなりダイエットにも効果的だとか。

 

ドーパミンを意識的に出す方法があるようなので、来週も要チェックですね。

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

広告を非表示にする