tbwdkc’s blog

おしゃれなブログタイトルをつけたいと思っているのですが、初期設定のままで考え中です…。

週休3日制になったらデメリットの方が多いような気がするけど、どうだろ?

なんだかネットで週休3日制について話題になっているようですね。

 

東京オリンピックに向けて週休3日制の導入案があるとか。

 

1週間のうち4日が仕事・学校で、3日がお休みってことですが、完全週休3日制なったら休みが増えて喜ぶ人も多いと思いますが、個人的にはデメリットの方が多いんじゃないかなと思います。

 

すぐに思ったことは、3日間休めるのがうれしいけど、残りの4日間が地獄のような日々になりそうだなと。

 

例えば、学生の場合だったら、6時間授業は当たり前で、7時間授業とかになりそうですよね。

 

学校から帰る時間が夕方になってしまうので、冬の間は日が暮れてしまって、安全面から考えると小学生は集団下校とかするんじゃないのかな。

 

それにどうでもいいことですが、お腹が空きそうだなぁと。

 

4時間目って給食前だから「ぐー」っとお腹がなってしまうこともありますよね。

 

きっと7時間目もそんな感じになりそう。

 

そう考えると、学校で3時過ぎくらいに「おやつの時間」が出来て、給食とは別におやつの時間もでききたりして。

 

そうなったら給食費とおやつ費を払うことになると思いますが、給食費未納だけでなくおやつ費未納のご家庭もでてくるかも。

 

まぁ、学生だったら部活の時間が遅くなったり、塾や習い事の時間も遅くなるので遅刻して行ったり、行けない日も出てきたりするのかもしれませんね。

 

 

学生だけでなく、社会人も同様に死の4日間となるんじゃないかなと。

 

毎日残業で家に帰るのが遅くなったり、そのまま会社に泊まっていく人も増えたりして、本当に疲れそうですね。

 

民間の会社と違って公務員は定時で帰れるだろうから、サービス残業などもなくていいんでしょうけど。

 

もし一般の企業でも残業はなしというルールがあったとしたら、単純に給料が下がるんじゃないでしょうか。

 

もらえる給料が今よりもさらに少なくなってしまったら、休みが増えてもお出かけしたり買い物したりなんか無理っぽいような。

 

そう考えると、週休3日制度は庶民の首を絞めるだけで、お金持ちにとってうれしい制度なのかもしれませんね。

 

自由にお金を使える休みが増えるということなので。

 

週休3日制になっても、一般の人は副業などして休みの3日間も働かなければならなそうですね。

 

貧乏人がさらに働かなければならなくなる週休3日制はデメリットが多いような気がするので個人的には今のところ反対ですが、週休3日制で国民の生活が向上した国ってあるんですかね?

 

もう少し週休3日制について調べてみようと思います。

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

広告を非表示にする