tbwdkc’s blog

おしゃれなブログタイトルをつけたいと思っているのですが、初期設定のままで考え中です…。

英会話を習得するためには、勉強の仕方よりも脳の使い方に問題があるような気がする

 

http://www.flickr.com/photos/125992663@N02/14599057004

photo by PinkPersimon

 

英語の勉強をしている人も多いと思いますが、毎日こつこつ勉強していくと徐々に英語について詳しくなれますよね。


ただ、だからといって英語の読み書きだけでなく、聞いたり話したりということまで上手になるのだろうかと疑問に思います。


英会話を習得するためには、勉強の仕方に問題があったりするのかもしれませんが、どんなに優れた勉強法を実践しても、やはりそもそもの脳の働きによるものも大きいのかなと。


たとえば、英会話教室などに通って英語を学んだとしても、習得するまでの期間は人によって違うでしょうし、いつまで経っても一定のレベルを超えられない人もいると思います。


英語が母国語ではないので、大人になってから英語をマスターしようと思うとなると、かなり苦労するのではないでしょうか。


子供のころから英語をずっと勉強しているのであれば、まだ脳が柔らかい状態なので吸収できるのだと思いますが、大人になってから英語を学ぶとなるとなかなか厳しいものになるのだと思います。


なので、いわゆる天才と呼ばれる人は勉強の仕方どうこうというよりも、脳の使い方が上手な人なのだと思うので、そういった人たちと脳の使い方を真似すれば、英語も早く上達するのではないかと。


日常英会話ができるレベルになれば海外旅行などでも役立つでしょうし、外国との取引がある場合はビジネス英会話を習得することでより仕事の幅が広がるでしょうから、まずは勉強方法を決める前に、自分の脳の働き方についてまずは考えてみるのもいいのかもしれませんね。


よくテレビやラジオ、雑誌などでも宣伝されていますが、耳で聞き流して英語を覚える勉強法なども人気ですが、そんなに簡単に英語をマスターできるのであれば、だれでもやっていると思います。


その方法で成功している人というのは、聞くだけで英語を学べるその商品があったからではなくて、それを上手に使いこなすだけの脳があったからではないかと。


自分の脳の潜在能力をうまく発揮することができれば、どんな勉強法でも英語の習得はできるのだと思います。


英会話スクールに行っても英語の教材を買うにしてもお金がかかると一方で、ゴールが見えなく悩んでいる人もいるのではないでしょうか。


英会話を覚えたいけどなかなか覚えられないという人は、ちょっと発想を変えて、まずは脳トレをして自分の脳の働きを高めるところから始めてみるのもいいかもしれませんね。

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

広告を非表示にする